美容師関連の情報を収集してます


by qgi5lu6lq1

カテゴリ:未分類( 65 )

 民主党・小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐって、東京地検特捜部は小沢氏の個人事務所などを家宅捜索した。「法に触れることはしていない」という小沢氏と執拗に捜査を続ける検察の全面戦争の様相を呈しているが、小沢氏とマスコミもまた熾烈な戦いを繰り広げている。

■異例の「一括返答」でまともに説明しなかった小沢氏

 陸山会事務所や大手ゼネコン「鹿島」本社などに強制捜査のメスが入った2010年1月13 日の翌日、新聞各紙は小沢氏関係先の一斉捜索を一面トップで大きく報じた。「最終戦争」(岸井成格・毎日新聞特別編集委員)という声もあるが、小沢氏とバトルを展開しているのはマスコミも同じだ。

 新聞やテレビは検察などの情報をもとに小沢氏にまつわる「カネの疑惑」を盛んに伝えるが、小沢氏は「大量の報道で国民に誤解を与えている」と批判する。象徴的だったのが、1月12日の定例会見だ。会見ではまず、日本テレビの女性記者が

  「東京地検の任意聴取を受ける考えがありますか? また(土地購入にあてたとされる)4億円の原資について説明していただけますか?」

と質問したが、小沢氏は

  「あとほかにありますか? それに関連したものであれば、先に言ってください。いっぺんに答えますから」

 と述べて、陸山会関連の質問を一度に受けてまとめて答える方法を取った。記者会見では一問一答方式が普通で、このような「一括返答」は異例だ。しかし報道陣からは特に異議が出ず、続けて7人が関連の質問をした。そのあいだ、小沢氏はムスッとした表情でうなずきながら聞いていたが、メモをとる仕草は一切見せなかった。

 最後にフリージャーナリストの安積明子さんが水谷建設からの献金疑惑報道についてたずねると、小沢氏は「じゃあ、それらの問題についてお答えします」と話し出した。だが、その内容は

  「捜査が継続中のため、個別のことについて申し上げることは差し控えるべきだろうと思っています」

という具体性に乏しいもので、日テレ記者や安積さんの質問にも答えてはいなかった。業を煮やした日テレの記者が「事情聴取に応じるつもりはないということか?」と再質問したが、小沢氏は「個別のことについて申し上げるのは差し控えたい」と同じ答えを繰り返すだけ。さらに記者がたずねたが、

  「ちゃんと指されてから言わなくちゃダメでしょう。ルールは守ってください。あなたも、日本テレビなら」

と逆に記者を非難したのだった。

■「特別、反論したり批判したりするつもりはありません」

 このような小沢氏の態度について、マスコミは新聞紙面などで反発。毎日新聞は1月13日の社説で、

  「なぜ、疑問に答えようとしないのか。これでは説明責任を放棄しているに等しく、国民の不信は広がるばかりだろう」

と厳しく批判した。質問したものの回答がもらえなかった安積さんも

  「もし本当にしっかり答えるつもりならばメモを取るはずだが、小沢氏はそうしなかった。最初から真面目に答えるつもりがなかったのではないか。結局、聞いているフリをしていただけ。ほかの記者たちも相当なフラストレーションを感じていたと思う」

と不満を口にした。

 このような「小沢批判」がある一方で、東京地検の正式発表がないまま、マスコミが「疑惑報道」を大々的に続けていることに対して、「検察リークによる情報操作ではないか」という見方もネットを中心に広がりつつある。

 その点について、フリージャーナリストの岩上安身さんは12日の小沢氏の会見で、

  「捜査当局の発表が何一つないうちから、リーク情報で一人の人間の容疑があるかのようにマスコミが報道していく。こうした検察とメディアのあり方をどうみているか」

と質問した。苦笑しながら応じた小沢氏の回答は、次のようなものだった。

  「私はもう二十数年、みなさんのご批判ばかり受けておりますので、それについて特別、反論したり批判したりするつもりはありません。人間ですからいろいろ言われて楽しいわけじゃないけれども、私は政治のなかにある立場ですので、そういうことも甘んじて受けなくてはいけないのかなあと思っております」


■関連記事
「どうして自民党にマスコミは甘いんだ」 小沢幹事長不満ぶちまける : 2009/12/21
日航株のマネーゲーム ネット取引で個人投資家参戦 : 2010/01/14
韓国コスメ続々日本上陸 実は「安くて品揃えが豊富」 : 2010/01/13

石川議員逮捕 鈴木宗男氏に涙の電話(毎日新聞)
開高健氏展 2月に青梅市で開催(産経新聞)
歌会始に堺市の全盲女性 詠んだのは「心の中の光」(産経新聞)
<普天間移設>複数案に否定見解 駐日米公使(毎日新聞)
<モンキードッグ>“猿害”は犬の力で 深刻な農作物被害で(毎日新聞)
[PR]
by qgi5lu6lq1 | 2010-01-21 11:09
 資金管理団体「陸山会」の事務担当だった石川知裕衆院議員(36)らが逮捕された後も、夏の参院選に向け、精力的に地方行脚を続ける民主党の小沢一郎幹事長。

 迎える側の地方組織からは「党本部に文句を言いたいくらい」という不満も噴き出すなど、全国各地に「選挙にはマイナス」「説明責任を果たしていない」といった不満が広がっている。18日に開会した国会で活動する衆参の民主党議員の間でも、「参院選への影響は避けられない」などという声が漏れ始めた。

 18日夕、福井市で開かれた民主党福井県連のパーティー。

 参院選の立候補予定者を発表するため、この日午後、福井入りした小沢氏は、右翼の抗議活動による影響で予定より10分ほど遅れて姿を見せると、あいさつの中で「中央のメディアは私の批判ばかりしている」などと語り、会場がざわつく場面もあった。「こんなことでは参院選を戦えない。党本部に直接、文句を言いたいぐらいだ」。出席した同党系の県議の1人はそう言って険しい表情を見せた。

 石川容疑者の逮捕後、「全面的に対決したい」と東京地検特捜部に猛反発した小沢氏。その説明責任について、読売新聞が同党の47都道府県連の幹部らにアンケートしたところ、青森、千葉、新潟、静岡、大阪、熊本など16府県が「説明責任を果たしていない」「説明が不十分」などと回答した。このうち、鳥取県連の福間裕隆幹事長は「3人も逮捕されたのは異常事態。小沢さんの説明では、国民は納得できていないと思う」と語り、新潟県連の佐藤信幸幹事長は「検察と幹事長のどちらを信じればいいのか」と戸惑いを見せた。

 小沢氏の続投が参院選に与える影響については、14府県連が「マイナス」と回答。33都道府県連は「分からない」とし、「プラス」としたところはなかった。

 「参院選を仕切ってもらうには剛腕の小沢幹事長がいいが、『風』がどうなるか分からないので何とも言えない」。三重県連の幹部はそう語る。

 小沢氏は、参院選を取り仕切るため今後も精力的に地方を回る方針。小沢氏が東京地検との対決姿勢を示したことについては、28都道府県連が「支持する」としたが、2月に小沢氏を招いた会合を予定している栃木県連の関係者は「その時に捜査の動きや世論がどうなっているか。『歓迎』とも『来てほしくない』とも言えない」と歯切れが悪かった。

 参院選への影響を懸念する声に対し、この夏の参院選に臨む予定の尾立源幸参院議員は、「このような時期だから当然と言えば当然の声」と残念そう。ただ、同じ改選組で、当選1回の参院議員は「選挙が終わったばかりの衆院議員と異なり、夏に選挙を控えた我々はつらい。世論がこれ以上、厳しくならなければいいが……」と不安そうに語った。

ほかにも子ども2人死亡=信者夫婦逮捕の宗教法人−医療放棄事件・福岡(時事通信)
なぜ?外国人参政権法案で歯切れ悪い自民 反対は多数だが…(産経新聞)
大阪・居酒屋の銃乱射、重傷の男性も死亡(読売新聞)
<強盗>目出し帽の男が郵便局から500万円 東京・江戸川(毎日新聞)
雪化粧 朝日を浴びて美しい輝き 東京・奥多摩(毎日新聞)
[PR]
by qgi5lu6lq1 | 2010-01-20 15:02
 西岡義一さん87歳(にしおか・よしかず=洋画家、日展参与)12日、心不全のため死去。葬儀は14日午後1時、京都府井手町井手扇畑37の1のメモリアルホール山城会館。自宅は同府木津川市山城町平尾里屋敷21。喪主は妻保子(やすこ)さん。

マスク備蓄プロジェクト始動=石綿被害防止でNPOなど連携−阪神大震災経験教訓に(時事通信)
日米外相会談、「普天間」は平行線(読売新聞)
日航に再建役員派遣=「委員会会社」に−新体制へ最終調整・機構(時事通信)
医療・介護などの規制改革へ向け分科会新設―行政刷新会議(医療介護CBニュース)
森繁さん震災詩 書の作品に 教え子亡くした神戸の書家(毎日新聞)
[PR]
by qgi5lu6lq1 | 2010-01-18 20:57
 逮捕された衆院議員の石川知裕容疑者(36)=北海道11区=は15日、東京都内で事情聴取に臨むはずだったが、急きょ中止に。ところが夜になり、都内のホテルから東京地検特捜部の係官に任意同行を求められたという。

【写真特集】石川衆院議員:東京地検が逮捕

 15日昼、石川議員は鈴木宗男衆院議員に泣きながら電話をしてきたという。鈴木氏によると04年10月に5000万円を渡したと証言した水谷建設元幹部との面識を否定。「話を信じてもらえないのがつらい」と語っていた。

 小沢氏の元私設秘書、池田光智容疑者(32)の千葉県鎌ケ谷市内の実家には午後9時過ぎ、東京地検の数人が車2台で乗り付け、中に入った。15分後に現れた池田容疑者は慌ただしく車に乗り込んだ。県議選の候補として名前が取りざたされているが、同居する家人は「地検がいきなり来て混乱している」。

 大久保隆規被告(48)は午後11時38分、岩手県釜石市の実家前で集まった取材に応じた。柔和で落ち着いた表情で「逮捕状にはびっくりした。粛々と対応するだけです。(特捜部が来るのは)朝ではないでしょうか」と話し、実家の向かいの自宅に入った。妻によれば、テレビで逮捕状が出たことを知ったという。【小泉大士、倉田陶子、鬼山親芳】

【関連ニュース】
小沢幹事長:土地購入問題で陳謝 違法性は否定
社説:「陸山会」土地取引 小沢氏に説明求めたい
陸山会土地購入:強制捜査に発展 世論読めず民主戦々恐々
陸山会土地購入:「先生に4億円返す」東京地検がメモ押収

石川議員の地元事務所も捜索 北海道・帯広(産経新聞)
<雑記帳>不景気吹き飛ばそう…「いきおい守」増産の人気(毎日新聞)
<女装>侵入容疑で逮捕 女性の脱衣室ウロウロ 兵庫(毎日新聞)
東京都心で初雪、平年より10日遅く(読売新聞)
民団新年会でのあいさつ要旨(上)民主・山岡氏「全力で取り組む」(産経新聞)
[PR]
by qgi5lu6lq1 | 2010-01-16 13:31
 13日午前11時45分ごろ、福島県大玉村玉井の東北自動車道上り線で、乗用車など約30台が絡む多重事故が起きた。数人が胸の痛みなどを訴えているが、いずれも軽傷のもよう。
 県警高速道路交通警察隊によると、約1.5キロの間に5カ所で衝突事故が発生。事故当時は吹雪の影響で視界が悪かったといい、現在、本宮IC−福島西IC間の上下線で通行止めとなっている。 

【関連ニュース】
【動画】アクアライン探検隊、出動!
広い範囲で強風、積雪=低気圧接近、交通に影響
国幹会議の廃止法案提出へ=高速道建設、審議会などでチェック
91歳男性の車、首都高逆走=正面衝突し4人死傷
高速道路に自転車投下=中学生3人を補導

シンプルな生活の秘訣
つねおのブログ
無料ホームページ
クレジットカード現金化 比較
債務整理
[PR]
by qgi5lu6lq1 | 2010-01-13 22:57